売上高と人件費

 

人件費を補うためには、どのくらいの売上高が必なのか?

このことは、ぜひ知っておくべきでしょう。

ここでは、一般的な方法を紹介しましょう。

人件費を補うために必要な売上高を求める計算式は、次のとおりです。

 

人件費を補うために必要な売上高=人件費総額÷(粗利益率 × 労働分配率)  

 

売上がなければ、利益は生まれず、したがって、給与も払えなくなります。

当たり前のことですが、この事実を確かめておく必要があります。

事業予算を組むにあたり、人件費と売上高との関係を知っておくと有意義です。

 

実際に計算してみましょう。

まず、人件費総額を見積もります。ここでは、2億8千万円としましょう。

次に、※粗利益率を20%。労働分配率を70%と設定します。

 

2億8千万÷(20%×70%)=20億

 

つまり、人件費を補うための売上高は、20億円ということなります。

※粗利益率は、粗利益/売上高の計算で求めることができます。

 

 

締日と支払日の違いについて