変動費,固定費,変動費率, そして「損益分岐点」とは何か

 

採算性とは、収支トントンのことです。
つまり、利益がプラスでもマイナスでもなく、ちょうどゼロの売上高を知ることです。
この「利益ゼロの売上高」のことを損益分岐点といいます。
損益分岐点を知れば、いくら売れば利益が出るのか、がわかります。身近な例で、採算性を考えてみましょう。

 

乗車券を購入すべきか?定期券を購入すべきか?

あなたは、毎日、電車で出社するとします。
一日の乗車料が、片道250円、往復500円とします。
1ヵ月の定期券代は、1ヵ月10,000円です。
このとき、採算がとれる利用日数は、何日でしょうか?

ざっくり、計算してみましょう。

定期券10,000円÷500円=20日

この計算から、通勤日数が20日なら、あなたは、定期券を購入しても、毎日、乗車券を購入しても、同じ金額を通勤費として支払うことになります。

しかし、20日の出勤日数を超え、かりに21日だとすると、つぎのような計算になります。

毎日の乗車券代(往復) 500円×21日 =10,500円
1ヵ月の定期券代 10,000円

この比較からわかるように、毎日の乗車券を購入するか?定期券を購入するか?の採算性は、出勤日20日が線引きになることがわかります。
この20日という線引きを知ることこそが、採算性を知ることになります。

 

変動費,固定費,変動費率とは何か

会社の採算性を知るには、つぎの3つの知識が必要になります。

「変動費」「固定費」「変動費率」の3つです。

変動費とは、売上高に比例して増えたり減ったりする費用です。仕入れた商品などが代表的な例です。売上が増えるほど、仕入れる商品も増えるからです。

 

変動費(円)=売上に比例して増減する費用

 

固定費とは、売上高に関係なく発生する費用のことです。

人件費が代表的なものです。社員の給与は売上高に関係なく支払わなければなりません。その他、販売費や一般管理費も固定費と考えてください。

固定費(円)=売上に関係なく発生する費用

 

最後に変動費率です。変動費率は、変動費を売上高で割ったものです。                                                                                             計算式はつぎのとおりです。

 

変動費率(%)=(変動費÷売上高)×100

 

これら3つの知識をつかって、損益分岐点売上高は求められます。

損益分岐点売上高の計算式は、つぎのとおりです。

 

損益分岐点売上高(円)=固定費÷(1-変動費率)×100

 

つぎに具体的に採算性を計算してみましょう。

B社のデータは、つぎのとおり。損益分岐点売上高はいくらか。

B社のデータ            (単位:百万円)

売上高 3,000
仕入高 1,800
固定費 800

 

B社の損益分岐点売上高は、以下のようになります。まず、変動費率をもとめます。

変動費率 60%=(1,800÷3,000) ×100

つぎに公式をつかって、損益分岐点売上高をもとめます。

800÷(1―0.6)×100 =2,000円

損益分岐点売上高は、2,000円となります。

B社は、2,000円の売上高があれば、収支トントンの「利益ゼロ」になることがわかります。つぎに2,000円のときに利益がゼロになるのかを検算してみましょう。

 

B社の損益分岐点売上高

(単位:百万円)

売上      2,000

仕入※     1,200

固定費      800

利益         0

 

※    仕入高は、変動費です。つまり、売上高に比例します。

変動費率は60%ですから、売上高2,000円に比例する仕入高は[2,000×60%=1,200]となります。初学者が間違いやすいところですから要注意です。

このように損益分岐点を知ることで、どのくらい売れば、利益が出るのか、がわかります。