会社の「営業成績」がわかる

身近な例で損益計算書を考えてみましょう。家計簿をイメージして下さい。

具体例として、高橋家の家計簿をみてみましょう。

高橋さんは、サラリーマン。奥さんと子供一人の三人家族です。

1ヶ月の高橋家の家計簿は、次のとおり。

 

収入は、お給料20万円。

支出は、食費7万円。アパート代5万円。水道光熱費1万円。保険料1万円。教育費2万円。通信費1万円。雑費1万円。

 

高橋家の家計簿

まとめると次のようになります。

高橋家の家計簿                              [単位:万円]

収入の部
給与                           20
合計[A]                           20
支出の部
食   費         7
アパート代         5
水道光熱費         1
保 険 料         1
教 育 費         2
通 信 費         1
雑   費         1
合計[B]                            18
残  高[A]-[B]         2

 

計算式であらわすと、つぎのようになります。

収入の合計[A]―支出の合計[B]=残高

20-18=2

高橋家は、毎月2万円の残高があることがわかります。

損益計算書の基本となる考え方も、基本的に家計簿と同じです。

ただし、名称がつぎのようにかわります。

 

・収入=「収益(しゅうえき)」 ・支出=「費用(ひよう)」 ・残高=「利益(りえき)」

「収益」とは、お金が外部から入ってくるもの。「費用」とは、お金が外部へ出て行ったもの。そして、「利益」とは、収益から費用を差し引いた残高を意味します。

 

高橋家の損益計算書

高橋さんの家計簿を損益計算書で表わせば、次のようになります。

高橋家の損益計算書                                                                                               [単位:万円]

収益の部
給与                           20
収益の合計[A]                           20
費用の部
食   費         7
アパート代         5
水道光熱費         1
保 険 料         1
教 育 費         1
通 信 費         2
雑   費         1
費用の合計[B]                            18
利   益[A]-[B]         2

 

 

家計簿のとき、つかっていた「収入・支出・残高」が、損益計算書においては、「収益・費用・利益」に変わっています。損益計算書に基づいて、高橋家の家計を表現すれば、「高橋家は、毎月、2万円の利益が出ている」ということになります。

損益計算書によって、会社の営業収支である営業成績がわかります。

損益計算書は、収益・費用・利益の3つの要素で成り立っています。

損益計算書の3つの要素

「収益」・「費用」・「利益」

損益計算書は、英語でProfit&LossStatement(略してP/L)といいます。

 

5つの利益とは何か