取引を仕訳(しわけ)することの意味を知る

ビジネスの世界で、簿記がその存在価値を保ち続けている理由の一つは仕訳です。どんなに複雑な取引でも、仕訳によって単純に整理することができるからです。そして、この仕訳は、簿記が生みだす「ことば」でもあります。仕訳を見れば、それがどのような取引なのか、を推理できます。ここでは、簿記が生み出す「ことば」が仕訳であることを知っておきましょう。仕訳については、詳しく別リンクで学んでいきます。ざっくり簿記を学ぶうえでは、つぎに「会社の財産を知る」へ。このまま仕訳を学びたい方は「くわしく仕訳を学ぶ」へ進んでください。

 

 

会社の「財産」を知る

 

くわしく仕訳を学ぶ