費用の発生は「借方」、取消は「貸方」へ記入する

 

「費用」グループの基本的な仕訳をみていきましょう。おもな費用グループの勘定科目を復習すれば、つぎのとおりです。

・仕入  ・給料  ・通信費  ・旅費交通費 

 

費用の仕訳の基本ルールはつぎのとおりでした。

借方に増加である「発生」、貸方に減少である「取消」とします。

 

 借方 貸方
 発生 取消 

 

仕入の仕訳

商品を仕入れたときは、「仕入」となります。

なお、ここでいう商品とは、「取引先に売るために買った商品」です。あたり前ですが、店主が趣味で買った商品は、仕入ではありません。

[取引例1]

商品を仕入れ、代金20万円は掛けとした。

 借方 貸方
 仕入 200,000 買掛金 200,000

 

商品の仕入れは「仕入」という費用グループであらわされます。費用グループの発生は「借方」になります。

[取引例2]

仕入れた商品のうち、3万円分は品違いであったため、返品した。

 借方 貸方
 買掛金 30,000 仕 入 30,000

 

仕入れた商品を返品したのですから、仕入の「取消」です。費用の取消は「貸方」となります。なお、取消の仕訳は、以前に行った仕訳の逆仕訳を行うことになります。したがって、「借方」には、買掛金が記入されることになります。

 

事務用品費の仕訳

会社では、いろいろな事務用品が必要です。書類を書くためにはペンや消しゴムが必要ですし、取引先へ書類を郵送するには、封筒も必要です。このようなさまざまな事務用品は「事務用品費」となります。

[取引例]

ペン・消しゴムを購入し、代金2,000円は現金で支払った。

 借方 貸方
 事務用品費 2,000 現金 2,000

 

ペンや消しゴムは「事務用品費」です。事務用品費は費用グループですので、発生は「借方」となります。

 

決算とは何か