損益計算書で「会社の営業成績」がわかる

 

・学校の「成績表」でわかること

高橋君の成績表は、つぎのとおりでした。

 国語 数学 英語
 90 40 95 225

 

この成績表から高橋君は、国語や英語の成績が優秀なことがわかります。一方で、数学は苦手なようです。成績表によって、教科ごとの理解度や達成度がわかります。また、成績表は、苦手教科の克服のため、今後の勉強方法にも役立ちます。

 

・損益計算書で会社の「営業成績」を知る

会社の営業成績は「損益計算書」でわかります。商品がどのくらい売れたのか、費用はいくらかかったのか。そして、いくら儲(もう)かったのか、がわかります。儲かった金額は、利益といいます。損益計算書は、会社の営業方法や経営戦略にも役立つ資料になります。

損益計算書は、つぎのようなしくみで作られています。

 

損益計算書のつくり

  費   用   収   益
    利   益

 

つぎに損益計算書をつくるために必要な「収益」と「費用」2つのグループの勘定科目をみていきましょう。

 

収益とは何か

 

会社の利益は、収益からはじまる

・収益と利益は違う

収益と利益は、とても似ていますが、簿記においては、決定的に違いますので、注意が必要です。たとえば、80万円で仕入れた商品を100万円で売り上げたとき、もうけはいくらでしょうか?

売り上げた100万円が、まるまる利益である「もうけ」になるわけではありません。なぜなら、商品80万円を仕入れているからです。つまり、もうけは20万円になります。

 

100万円―80万円=20万円

 

このとき、売り上げた100万円を「収益」といいます。つまり、収益とは「利益を生み出すもと」のことです。

 

「収益グループ」のおもな勘定科目と内容はつぎのとおり。

 

・売上

商品を売り上げたときに使用します。

 

・受取利息

預金から得られた利息に使用します。

 

費用とは何か

 

費用がなければ、売上は生まれない

 

・売り上げのために支払うさまざまなもの

モノやサービスを売り上げるためには、さまざまな支出がかかります。まず、商品を仕入れなければなりません。また、社員のお給料はもちろん、オフィスの賃借料、電話・ファックスなどの通信費、また営業でつかうガソリン代などの支出が必要です。このように売り上げのためにかかるさまざまな支出を「費用」といいます。 つまり、費用は、売上げに欠かせないものです。

「費用グループ」の勘定科目と内容はつぎのとおり。

 

・仕入

商品を仕入れたときに使用します。

 

・給料

社員に支払ったお給料に使用します。

 

・通信費

電話料あるいは、ファックスやインターネットの通信料。ハガキ代や切手代などに使用します。

 

・旅費交通費

電車や地下鉄代あるいはバス代に使用します。また、社員の出張旅費代にも使用します。

 

仕訳を学ぶ