会社の「健康診断」をおこなうこと

経営分析は、よく「健康診断」にたとえられます。つまり、健康診断をイメージすれば、経営分析がイメージしやすいというわけです。みなさんは、身体の調子が悪いとき、病院に行きますよね。そこで、お医者さんに診察してもらい、注射を打ったり、薬を処方してもらうはずです。病気の早期発見には、定期的に健康診断を受けている人も多いはずです。経営分析も同じです。会社の利益が思うように出なかったり、資金繰りが円滑にできない、というような改善が必要なところを治すためにの「正しい処方箋」を出すことが、経営分析というわけです。会社の経営は、定期的に悪い問題や改善すべきところがないかをチェックすることが大切です。経営分析をすれば「倒産しない」というわけではありませんが、経営分析をおこなうことで、経営危機を事前にチェックし、危険を回避することができます。会社の経営も危機や問題を事前に防げれば、健全な経営ができることはもちろん、最悪の事態である倒産を回避することが可能です。当HPでは、基本的で実践的なものに絞って紹介していきます。実務では、このHPで紹介する内容で十分のはずです。

 

経営分析の初歩を知る

損益計算書をつかった経営分析の初歩

経営分析は実践的なものです。ここでは、具体的な事例をつかって、経営分析を紹介していきます。経営分析が、有意義で役立つものであることが、理解できる思います。

 

年度ごとの推移で会社の業績をみる

 

まずは、営業成績を知る経営分析です。A社の3年分の損益計算書をつかってみていきましょう。

 

A社の3年間の損益計算書はつぎのとおり。                     (単位:百万円)

科目/年度   ○1年   ○2年 ○3年
売上高 100,000  150,000  300,000
売上原価 70,000   130,000   285,000
売上総利益 30,000    20,000    15,000
販管理費 25,000    30,000    40,000
営業利益 5,000  △10,000  △25,000

 

 

A社の売上高は、○1年から○3年までの3年間で順調に伸びていることがわかります。

売上高は、01年の100,000円が、03年には300,000円へと3倍と急激に伸びています。しかし、営業利益に着眼すると○1年に5,000円の黒字から年度ごとに悪化、○3年には、25,000円の赤字に転落しています。

A社は、売上が順調に伸びているのにもかかわらず、営業利益は赤字になっているわけです。これは、どういう理由(わけ)でしょうか。経営分析をすることで、この謎(なぞ)が解(と)けます。

 

売上原価率」を分析する

 

売上原価とは、売上高に対する仕入原価のことです。

そして、「売上原価率」とは、売上高に占める売上原価の割合です。

商品を売るためには、商品を仕入れなければなりません。安く仕入れて高く売れば、当然、利益は大きくなります。仕入れた金額より売った値段が低くければ、赤字になります。このため、売上と仕入の関係は、とても重要です。

売上原価率の分析は、「売上と仕入の比率を知ること」と考えてください。

売上原価率は、つぎのような計算式で求められます。

 

売上原価率(%)= (売上原価÷売上高)×100

 

 

A社の売上原価率の推移は、つぎのとおりになります。

分析/年度   ○1年   ○2年 ○3年
売上原価率   70%   86%   95%

 

※ 参考 ○1年の計算 70,000÷100,000=70%

 

売上原価率は、数字が小さいほど利益が大きいことを意味します。安く仕入れ、高く売れば、それだけ利益は大きくなるからです。A社の売上原価率は、年々上昇しています。つまり、利益が出にくい状態になっているのです。原因として、仕入商品の価格が上昇している。あるいは、売上を伸ばすために商品を低価格で販売しているため、などが考えられます。売上原価率は、仕入と売上の両面から分析する必要があります。