ABC分析の知識を応用する

 

近所のスーパーやコンビニに立ち寄ると店内には、さまざまな商品がキレイに並んでいます。お弁当やお茶などの食料品・週刊誌や新聞などの雑誌類・ノートやボールペンなどの文具類などなど。

ところで、お店にある多くの商品をすべて同じ時間と労力で管理するのは、効率的とはいえません。ふつうに考えれば、よく売れている商品を重点的に管理すべきでしょう。つまり、効率的な商品管理をすべきです。

ここでもABC分析は有効に機能します。

[事例2]をつかって、具体的にみていきましょう。

 

富士スーパーの主要な商品品目は、E・F・G・H・I・J・Kの7品目です。

これらのうち、売上高占有率の高いものから順にまとめたものが、[表2]です。

 

・富士スーパーの商品データ  [表2]

ABC分析の作成方法は、前ページの[表1]とまったく同じです。

 

それでは、ABC分析していきましょう。

品目EとFで累積比は、80%となっています。これは、品目Eの占有率60%と品目Fの占有率20%を加えた合計です。すなわち、富士スーパーの売上全体の80%をこの2つの品目で稼いでいることが読み取れます。

累積比をつかって、ABC分析をすればつぎのようになります。

 

グループ 品目 累積比 定義
A E ・F 80% 主力商品
B G・H 90% 準主力商品
C I ・J・ K 100% 非主力商品

 

A・Bの2つのグループ4品目で、売上の90%を占めていることがわかります。ですから、7品目のうちでも売上累積比の高い4つの品目E・F・G・Hを重点的に管理すれば、より効率的な商品管理ができるといえます。このようにABC分析によって、手間をかけずに合理的で効率的な商品管理が可能になります。