資産とは何か

資産とは、会社の財産です

私たちが持つ財産といえば、まず家やマンションなどが思い浮かぶでしょう。さらにマイカーや定期貯金、株券などでしょう。会社にも同じように財産があります。自社ビルや土地。社有車や定期預金などです。

これらは、貸借対照表の「資産」となります。資産は大きく「流動資産」「固定資産」「繰延資産」の3つに分けることができます。

 

流動資産とは何か

流動資産は、以下のようなものになります。

現金・預金、受取手形、売掛金、繰越商品など。

 

簡単に説明します。

・現金・預金―これは、説明を要しないでしょう。私たちが毎日使っているお金です。そして、預金は、銀行に預けたお金になります。

・受取手形―受け取った約束手形です。受取期日になれば、現金になります。

・売掛金―売上代金の未回収分です。後日、入金されます。

・繰越商品―まだ売れていない商品です。

 

固定資産とは何か

固定資産は、以下のような中身になります。

土地、建物など。

 

・土地―所有する土地や駐車場などです。

・建物―自社ビルや店舗などです。

 

繰延資産とは何か

これは『繰り延べられた資産』という意味です。

本来は「費用」だが会計上、特別に「資産」として扱うものです。繰延資産は、つぎのようになります。

創立費など。

・創立費―会社の設立にかかったさまざまな費用です。

 

負債とは何か