仕訳は、簿記の「ことば」である

仕訳は、簿記が生みだす「ことば」である

仕訳は、簿記のフォームに「勘定科目」と金額を記入することで、意味を持たせます。

 

「現金10万円が、借入金によって増えた」ことを仕訳すると、以下のようになります。

 

 

 借方 貸方
 現金 100,000 借入金 100,000

 

では、この勘定科目が反対になったとき、どのような意味に変わるでしょうか。

 

 借方 貸方
 借入金  100,000 現金 100,000

 

この仕訳は、「10万円の借入金を現金で返済した」という意味になります。このように簿記のフォームに「勘定科目」と金額を記入することで、意味を生みだすのが仕訳です。仕訳は「借方」から「貸方」へ勘定科目が動くことで全く違う意味にもなります。仕訳とは、簿記のフォームと「勘定科目」が生みだす「簿記のことば」なのです。

 

それでは、なぜ仕訳によって取引内容の省略化ができ「簿記のことば」が生まれるのでしょうか。それは、仕訳には、あらかじめ決められた「仕訳のルール」があるからです。つぎに仕訳のルールをくわしくみていきましょう。

 

仕訳のルールを学ぶ

簿記のマスターのためには、仕訳ルールは覚えるのみ!

 

・5つのグループごとの仕訳ルール 

勘定科目に5つのグループがあります。仕訳は、この5つのグループである資産・負債・純資産・収益・費用のそれぞれの「仕訳ルール」を覚えることから始まります。理屈を考えず、まず、基本ルールを覚えましょう!水に入らなければ永遠に泳ぎをマスターすることはできません。簿記も仕訳の基本ルールを覚えなければマスターできないのです。

 

「資産」グループの仕訳ルール

 

資産は、借方に「増加」、貸方に「減少」を記入します。

 借方 貸方
 増加 減少 

 

「現金」は、資産グループです。

この「現金」をつかって、資産グループの増減をみていきましょう。

 

現金が増加したときは、「借方」に記入されます。

 

 借方 貸方
 現金

 

現金が減少したときは、「貸方」に記入されます。

 

 借方 貸方
現金 

 

 

「負債」グループの仕訳ルール

 

負債は、借方に「減少」、貸方に「増加」を記入します。

 

 借方 貸方
 減少 増加 

 

「借入金」は、負債グループです。

この「借入金」をつかって、負債グループの増減をみていきましょう。

 

借入金が増加したときは、「貸方」に記入されます。

 

借方 貸方
 借入金

 

借入金が減少したときは、「借方」に記入されます。

 

 借方 貸方
 借入金  

 

 

 

「純資産」グループの仕訳ルール

 

純資産は、借方に「減少」、貸方に「増加」を記入します。

 

借方 貸方
 減少 増加 

 

「資本金」は、純資産グループです。

この「資本金」をつかって、純資産グループの増減をみていきましょう。

 

資本金が増加したときは、「貸方」に記入されます。

 

借方 貸方
 資本金

 

資本金が減少したときは、「借方」に記入されます。

 

借方 貸方
 資本金  

   

   

 

「収益」グループの仕訳ルール

 

収益は、借方に「取消(減少)」、貸方に「発生(増加)」を記入します。

 

 借方 貸方
 取消 発生 

 

「売上」は、収益グループです。

この「売上」をつかって、収益グループをみていきましょう。

 

売上が発生したときは、「貸方」に記入されます。

 

 借方 貸方
 売上

 

売上が取消になったときは、「借方」に記入されます。

たとえば、売り上げた商品が、品違いなどにより返品された場合です。

 

 借方 貸方
 売上  

 

 

「費用」グループの仕訳ルール

 

費用は、借方に「発生(増加)」、貸方に「取消(減少)」を記入します。

 

 借方 貸方
 発生 取消 

 

「仕入」は、費用グループです。

この「仕入」をつかって、費用グループをみていきましょう。

 

仕入が発生したときは、「借方」に記入されます。

 借方 貸方
 仕入  

 

仕入が取消になったときは、「貸方」に記入されます。

たとえば、仕入れた商品を品違いなどで返品した場合です。

 

 借方 貸方
仕入 

 

仕訳の3つのステップ