会計用語 貸借対照表 資産編

現金(げんきん)

わたしたちが、毎日使う1万円札や千円札などの紙幣や100円玉などの硬貨である「現金」になります。さらに小切手を受け取ったときも「現金」となります。小切手は、すぐに現金になるからです。

 

当座預金(とうざよきん)

銀行の「当座預金」に使用します。たとえば、小切手で支払うときは、当座預金から引き落とされるため、「当座預金」を用います。

 

普通預金(ふつうよきん)

銀行の「普通預金」に使用します。普通預金にお金を預けた。あるいは、普通預金からお金を引き落としときに使用します。

 

売掛金(うりかけきん)

売った商品の代金が、まだ入金されていないときに用います。会社間の取引は、代金は後日受け取りになるのがふつうです。このような商品の売買を「掛(か)け売り」といいます。

 

受取手形(うけとりてがた)

約束手形や為替手形を受け取ったときに用います。実務では、ほとんどが約束手形になります。約束手形とは、支払人が、支払日に約束した金額を受取人に支払う証券のことです。

 

貸付金(かしつけきん)

取引先などにお金を貸したときに用います。

 

有価証券(ゆうかしょうけん)

株券、社債、国債などを購入したときに用います。

 

未収金(みしゅうきん)

商品の売上以外の代金を受け取っていないときに用います。たとえば、株券を売却し、代金を受け取っていないときです。

 

繰越商品(くりこししょうひん)

決算日に在庫としてある商品を用います。

 

備品(びひん)

机、イス、パソコン、あるいは、コピー機やファックス機などに用います。

 

建物(たてもの)

自社ビルや倉庫などを建てたときに用います。

 

土地(とち)

土地を購入したときに用います。

 

車両運搬具(しゃりょううんぱんぐ)

車などの購入したときに用います。