利益とキャッシュを考える

利益とキャッシュ(資金)について考える

 

ここでは、損益計算書の当期純利益とキャッシュ残高が異なる理由について、

5つの例題を使って、くわしく見ていきましょう。

やや難しい論点ではありますが、損益計算書の知識ばかりではなく、キャッシュ(資金)の動きについての知識と理解が大切のことをこの機会に学んでください。

 

 

[例1] すべての取引が、現金で行われ、商品在庫が発生しない場合

 

当期の取引は以下のとおり。損益計算書と現金収支表を作成しなさい。  (単位:千円)

 

現金売上        10,000

現金仕入        7,000

販売費(現金支払)   1,000

 

損益計算書

 

科目 金額
売上高 10,000
売上原価 7,000
販売費 1,000
当期純利益 2,000

 

現金収支表

 

科目 金額
現金売上 10,000
現金仕入 7,000
販売費 1,000
現金収支残高 2,000

 

 

[例1]のケースでは、すべての取引が現金で行われ、仕入れた商品がすべて売れ、在庫がない場合です。このようなケースでは、損益計算書の利益と現金収支表の残高は、完全に一致します。言い換えると、資金の滞留がないということです。

 

 

 

[例2] 商品の一部を掛けで仕入れた場合。

 

当期の取引は以下のとおり。損益計算書と現金収支表を作成しなさい。  (単位:千円)

 

現金売上        10,000

現金仕入        4,000

掛仕入          3,000

販売費(現金支払)   1,000

 

損益計算書

 

科目 金額
売上高 10,000
売上原価 7,000
販売費 1,000
当期純利益 2,000

 

現金収支表

 

科目 金額
現金売上 10,000
現金仕入 4,000
販売費 1,000
現金収支残高 5,000

 

 

[例2]のケースでは、損益計算書の当期純利益は2,000円です。一方、現金収支表では、仕入代金のうち、3,000円は、掛で仕入れたため、現金の支出はありません。このため、5,000円の残高増となっています。

 

 

[例3] 仕入商品に売れ残り(在庫)があった場合。

 

当期の取引は以下のとおり。損益計算書と現金収支表を作成しなさい。  (単位:千円)

 

現金売上        10,000

現金仕入        7,000(うち、売上原価6,500 在庫 500)

販売費(現金支払)   1,000

 

損益計算書

 

科目 金額
売上高 10,000
売上原価 6,500
販売費 1,000
当期純利益 2,500

 

現金収支表

 

科目 金額
現金売上 10,000
現金仕入 7,000
販売費 1,000
現金収支残高 2,000

 

 

[例3]のケースでは、損益計算書の当期純利益は2,500円です。一方、現金収支表では、仕入7,000円は現金支払いです。うち、500円は売れ残り在庫ですが、現金が減少した事実に影響はありません。したがって、2,000円の残高となっています。

 

[例4] 商品の売り上げの一部が、掛けであった場合。

 

当期の取引は以下のとおり。損益計算書と現金収支表を作成しなさい。  (単位:千円)

 

現金売上         6,000

掛 売上          4,000

現金仕入         7,000(うち、売上原価7,000)

販売費(現金支払)   1,000

 

損益計算書

 

科目 金額
売上高 10,000
売上原価 7,000
販売費 1,000
当期純利益 2,000

 

現金収支表

 

科目 金額
現金売上 6,000
現金仕入 7,000
販売費 1,000
現金収支残高 ▲2,000

 

 

[例4]のケースでは、損益計算書の当期純利益は2,000円です。一方、現金収支表では、売上代金のうち、6,000円が現金での収入です。仕入が現金で7,000円の支出ですから、2,000円の赤字残高となっています。

 

[例5] 固定資産と減価償却について

 

当期の取引は以下のとおり。損益計算書と現金収支表を作成しなさい。  (単位:千円)

 

現金売上         10,000

現金仕入         7,000(うち、売上原価7,000)

販売費(現金支払)   1,000

減価償却費         500

 

損益計算書

 

科目 金額
売上高 10,000
売上原価 7,000
販売費 1,000
減価償却費 500
当期純利益 1,500

 

現金収支表

 

科目 金額
現金売上 10,000
現金仕入 7,000
販売費 1,000
現金収支残高 2,000

 

 

[例5]のケースでは、損益計算書の当期純利益は1,500円です。一方、現金収支表では、減価償却費の500円は、現金での支出がないため、その分の現金が増加し2,000円の残高となっています。

 

資金増減原則

 

損益計算書の利益とキャッシュ(資金)残高が、不一致なる原因は、5つの事例で見てきたように商品在庫、売掛金などの売上債権、買掛金などの仕入債務、減価償却費などに資金滞留原因があります。