コロナ下でもインターネット会社が好調

あるインターネット会社の2020年4~12月期の営業利益は前年同期比5割増程度になったもようだ。同期間としては3年連続の最高益を更新する。新型コロナウイルス下のテレワーク需要から法人向けのネット接続サービスが好調だった。出張費などの経費が減少したことも利益を押し上げた。売上高にあたる売上収益は3%増程度になったとみられる

(2021年1月)

テレワーク需要で、コロナ下でも好調な企業はやはり存在しているようです。