自己資金力を知る

自己資本力を知る

 

自前の資金力は「自己資本比率」でわかる

会社の資金が、多いか少ないかによって、経営の選択肢が広がったり、狭くなったりします。自己資金が十分にあれば、積極的に事業を拡大することが可能です。反対に自己資金が不足している場合は、銀行からの融資など資金援助を受けなければなりません。会社の資金力は自己資本比率でわかります。自己資本とは「純資産」のことです。

 

自己資本比率の計算式は、つぎにとおりです。

 

自己資本比率(%)=(自己資本÷総資本)×100

 

[例]A社とB社の自己資本比率をみてみましょう。    (単位:百万円)

A社

資産        100 負債       30
純資産      70
資産        100 負債・純資産   100

 

 

B社

資産        100 負債       80
純資産      20
資産        100 負債・純資産   100

 

 

それぞれの会社の自己資本比率は、次のとおりになります。

A社の自己資本比率は、つぎのとおり。

70(%)=(70÷100) ×100

A社は、資産全体に占める純資産が、70%もあり、十分な資金があること判断できます。

 

B社の自己資本比率は、つぎのとおり。

20(%)= (20÷100)×100

 

B社は、自己資本比率が20%に過ぎず、自己資金力が不足しているといえます。

自己資本比率が、大きければ自己資金力が充実し、経営が安定していることを意味します。逆に小さければ、自己資金力が少なく、経営基盤が脆弱(ぜいじゃく)なことを意味します。

 

 

・資産に占める「純資産」が大きく、自己資金力が充実している会社

資産 負債
 

純資産(自己資本)

 

 

 

 

・資産に占める「純資産」が少なく、自己資金力が不足している会社

資産  

負債

 

純資産(自己資本)

 

 

 

収益力を知る