工業簿記における財務諸表

商業簿記では、損益計算書と貸借対照表がありました。製造業においては、これらに加えて製造原価報告書という財務諸表を作成します。

 

工業簿記における財務諸表の流れ

 仕掛品

期首 完成品
当期
期末

 

この仕掛品による明細を把握し、完成品を把握するのが「製造原価報告書です。

 

製品

期首 完成品
当期
期末

 

この仕掛品から完成品(製品)を受け、顧客へ販売した営業成績や会社の財産明細を知るのが損益計算書と貸借対照表になります。

 

製造原価報告の形式

製造原価報告書には、2つの形式があります。

 

1・材料費、労務費、経費に分類して記入する形式

 

材料

期首棚卸高 200 当期消費高3,400
当期仕入高 4,000
期末棚卸高 800

 

賃金

当期支払高 前期未払高
当期消費高

直接工 2,000

間接工 1,600

当期未払高

 

経費

当期支払高 当期消費高

水道光熱費 600

減価償却費 1,200

保険料         200

 

 

仕掛品

期首棚卸高 1,400 当期製品製造原価

10,000

当期総製造費用

材料費 3,400

労務費 3,600

経費   2,000

合計  9,000

期末棚卸高 400

 

 

 

製造原価報告書

Ⅰ材料費

期首材料棚卸高                      200

当期材料仕入高             4,000

合計                               4,200

期末材料棚卸高              800              3,400

Ⅱ労務費

直接工賃金                          2,000

間接工賃金                          1,600               3,600  

Ⅲ経費

水道光熱費                           600

減価償却費                          1,200

保険料                                   200                2,000

当期総製造費用                                            9,000

期首仕掛品棚卸高                                         1,400

合計                                                          10,400

期末仕掛品棚卸高                                             400

当期製品製造原価                                         10,000

 

 

2・製造直接費と製造間接費に分類して記入する形式

 

材料

期首棚卸高 200 当期消費高3,400

(直接材料費)

当期仕入高 4,000
期末棚卸高 800

 

賃金

当期支払高 前期未払高
当期消費高

直接工 2,000

間接工 1,600

当期未払高

 

製造間接費

当期発生額

間接工賃金 1,600

水道光熱費600

減価償却費1,200

保険料 200

当期配賦額

3,600

 

 

 

仕掛品

期首棚卸高 1,400 当期製品製造原価

10,000

当期総製造費用

直接材料費 3,400

直接労務費 2,000

製造間接費 3,600

合計      9,000

期末棚卸高 400

 

 

製造原価報告書

Ⅰ材料費

期首材料棚卸高                        200

当期材料仕入高              4,000

合計                                 4,200

期末材料棚卸高            800                3,400

Ⅱ労務費

直接工賃金                                          2,000  

 

Ⅲ経費

間接工賃金             1,600

水道光熱費                           600

減価償却費                          1,200

保険料                                    200               3,600

 

当期総製造費用                                            9,000

期首仕掛品棚卸高                                         1,400

合計                                                           10,400

期末仕掛品棚卸高                                             400

当期製品製造原価                                         10,000

 

 

製造原価報告書

以下の資料にもとづいて、製造原価報告書を作成します。

[資料]

1棚卸資産有高

期首有高 期末有高
主要材料 100,000 120,000
補助材料 40,000 20,000
仕掛品 130,000 160,000

 

2・材料当期仕入高

当期仕入高
主要材料 1,800,000
補助材料 400,000

 

3・賃金・給料未払額

 

期首未払額 期末未払額
直接工賃金 60,000 40,000
間接工賃金 48,000 28,000
給料 12,000 16,000

 

4・賃金・給料当期支払額

当期支払額
直接工賃金 1,120,000
間接工賃金 700,000
給料 440,000

 

5・当期経費

 

当期経費
水道光熱費 24,000
減価償却費 108,000
保険料 50,000

 

注)主要材料費はすべて直接材料費である。直接工賃金はすべて直接労務費である。

製造原価報告書

 

Ⅰ材料費

主要材料費                      1,780,000

補助材料費                       420,000                2,200,000  

Ⅱ労務費

直接工賃金                      1,100,000

間接工賃金                        680,000

給料                                     444,000              2,224,000  

Ⅲ経費

水道光熱費                         24,000

減価償却費                         108,000

保険料                                 50,000                182,000  

当期総製造費用                                              4,606,000

期首仕掛品棚卸高                                             130,000

合計                                                             4,732,000

期末仕掛品棚卸高                                             160,000

当期製品製造原価                                            4,572,000

 

[計算詳細]

1 材料費

① 主要材料費

100,000+1,800,000-120,000=1,780,000

② 補助材料費

40,000+400,000-20,000=420,000

2 労務費

① 直接工賃金

1,120,000+40,000-60,000=1,100,000

② 間接工賃金

700,000+28,000-48,000=680,000

3 給料

440,000+16,000-12,000=444,000

 

製造原価報告書と損益計算書

以下の資料にもとづいて、製造原価報告書と損益計算書を作成します。

[資料]

1棚卸資産有高

期首有高 期末有高
主要材料 160,000 140,000
補助材料 100,000 80,000
仕掛品 200,000 160,000
製品 150,000 110,000

 

2・材料当期仕入高

当期仕入高
主要材料 3,000,000
補助材料 1,200,000

 

3・賃金・給料未払額

 

期首未払額 期末未払額
直接工賃金 240,000 280,000
間接工賃金 120,000 132,000
給料 70,000 80,000

 

4・賃金・給料当期支払額

当期支払額
直接工賃金 3,040,000
間接工賃金 1,500,000
給料 1,100,000

 

5・当期経費

 

当期経費
電力料 880,000
水道光熱費 200,000
減価償却費 600,000
保険料 420,000

 

売上高    15,000,000円       販売費及び一般管理費 2,500,000円

 

注)主要材料費はすべて直接材料費である。直接工賃金はすべて直接労務費である。

 

製造原価報告書

 

Ⅰ材料費

主要材料費                      3,020,000

補助材料費                      1,220,000               4,240,000  

Ⅱ労務費

直接工賃金                      3,080,000

間接工賃金                      1,512,000

給料                                1,110,000              5,702,000  

Ⅲ経費

電力料                                880,000

水道光熱費                         200,000

減価償却費                         600,000

保険料                                 420,000             2,100,000  

当期総製造費用                                            12,042,000

期首仕掛品棚卸高                                             200,000

合計                                                             12,242,000

期末仕掛品棚卸高                                             160,000

当期製品製造原価                                          12,082,000

 

損益計算書

Ⅰ売上高                                                           15,000,000

Ⅱ売上原価

期首製品棚卸高                        150,000

当期製品製造原価                12,082,000

合計                                      12,232,000

期末製品棚卸高                       110,000            12,122,000

売上総利益                                                         2,878,000

Ⅲ販売費及び一般管理費                                      2,500,000

営業利益                                                             387,000  

 

[計算詳細]

1 材料費

① 主要材料費

160,000+3,000,000-140,000=3,020,000

② 補助材料費

100,000+1,200,000-80,000=1,220,000

2 労務費

① 直接工賃金

3,040,000+280,000-240,000=3,080,000

② 間接工賃金

1,500,000+132,000-120,000=1,512,000

3 給料

1,100,000+80,000-70,000=1,110,000

 

本社工場会計とは何か