会社の「財産」を知る

貸借対照表で、会社の「財産」がわかる

ある会社が100億円の資産を持ち、本社が都心にある高層ビルだったとしても、銀行からの借入金が200億円もあったのでは、とても優良企業とはいえません。資産を超える大きな借金を抱えた会社と取引をするのは、とても危険です。いつ倒産してもおかしくないからです。

このため、会社の「財産」をくわしく知ることが必要です。会社の「財産」は、決算書である「貸借対照表」で知ることができます。貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」の3つのグループで成り立っています。 貸借対照表のつくりは、[図1]のとおりです。

 

[図1]

貸借対照表のつくり

 資  産  負  債

 

純資産

 

それでは、つぎに「資産グループ」の中身からくわしくみていきましょう。

 

 資産とは何か

 

 「資産」をイメージする

わたしたちは、大切にしている「自分のモノ」を持っています。お金はもちろん、時計やくつ、あるいは、車やバイク。さらにマイホームやマンションを持っている人もいるでしょう。これらは、いずれもわたしたちの大切な「資産」です。

簿記の「資産」も私たちが持っている「資産」をイメージすれば、ほぼ同じです。資産とは、「会社が大切にしているさまざまなモノ」です。なお、社員は大切ですが、モノではないので簿記の「資産」ではありません。具体的に「資産」グループのおもな勘定科目をみていきましょう。

 

「資産グルーフ」゚のおもな勘定科目と内容はつぎのとおりです。

 

・現金

わたしたちが、毎日つかっている1万円札や千円札などの紙幣や100円玉などの硬貨である「現金」。さらに簿記では、小切手を受け取ったときも「現金」として扱います。小切手は、すぐに現金にかわるからです。

・当座預金

銀行の「当座預金」をつかったときに使用します。たとえば「小切手」で支払いをするときは、当座預金から引き落とされるため「当座預金」を使用します。小切手で支払うことを「小切手を切る」あるいは、「小切手を振り出す」という表現を使います。ビジネス用語として定着しているので、ぜひ覚えておきましょう。

 

・普通預金

銀行の「普通預金」をつかったときに使用します。普通預金にお金を預けた、あるいは、普通預金からお金を引き落としたときに使用します。

 

・売掛金

商品を売り、代金が回収されていないときに使用します。会社間の取引は、すぐに代金が回収できないのが実情です。このような商品の売買を「掛(か)け売り」といいます。

 

・受取手形

約束手形や為替手形の手形を受け取ったときに使用します。実務ではほとんどが約束手形になります。約束手形とは、支払人が、支払日に決められた金額を受取人に支払う証券のことです。

 

 

負債とは何か

  

「負債」とは、会社の借金です 

 

さまざまな借金

わたしたちの生活で、借金は身近なものです。クレジットカードの利用は、その代表的なものでしょう。買った商品の代金をその場で支払わず、あとで支払うのですから、これは借金です。また、マイホームの購入のために住宅ローンを借りている人も多いでしょう。これも借金です。会社にもさまざまな借金があります。会社の借金を「負債」といいます。

「負債グループ」のおもな勘定科目と内容はつぎのとおりです。

 

 

・買掛金

仕入れた商品の代金未払いに使用します。ふつう、会社間の取引は、あと払いになります。いわゆるツケ払いです。このような商品の仕入れを「掛(か)け仕入れ」といいます。

 

・支払手形

約束手形を使って、代金を支払ったときに使用します。支払先に対して、決めれた金額を支払日に支払わなければなりません。

 

・借入金

銀行などからお金を借りたときに使用します。

 

純資産とは何か

 

 純資産とは、資産から負債を差し引いた「純粋な財産」である

 

純粋な資産とは何か

資産から負債を差し引いた残高が「純資産」です。たとえば、3000万円のマイホームの購入に 2000万円の借金をしたケースを考えてみましょう。このとき、マイホームの純粋な資産は、いくらでしょう。購入代金の3000万円でしょうか?2000万円の借金がありますから、これを差し引く必要があります。

つまり、3000万円―2000万円=1000万円。

マイホームの純粋な資産は、1000万円と考えられるわけです。

会社の純資産の考え方も同じです。資産から負債を差し引き、純粋な資産である「純資産」を求めることができます。

「純資産グループ」のおもな勘定科目と内容はつぎとおり。

 

・資本金

株主から出資されたお金です。

 

・資本準備金

株主から出資されたお金は、基本的に「資本金」となります。しかし、一部を資本金に含めないことができます。この資本金に含めない部分が「資本準備金」です。

 

・任意積立金

会社が「積み立ててきた利益」です。

 

会社の「営業成績」を知る