貸借対照表とは何か

会社の「全財産」がわかる

貸借対照表には、土地・建物などの財産ばかりでなく、借入金などの借金も含めて記載されます。

つまり、会社にとってプラスの財産ばかりでなく、マイナスの財産も含めた「全財産」がわかります。マイナスの財産というのは、たとえば、借入金は借金です。しかし、一方で、借金によって、自由に使える財産が増えた、という事実があります。そういう意味では、借金もひとつの「財産」といえます。これをマイナスの財産と考えるわけです。

身近な例で、貸借対照表を考えてみましょう。マイホームを3,000万円で購入し、購入資金の内訳は、銀行からの借入金が2,500万円。自己資金が500万円とします。この時、財産を貸借対照表のつくりで、あらわせば、つぎのようなります。   

 

                    財産                          (単位:万円)           

マイホーム    3,000 借入金     2,500
  自己資金      500
計        3,000 計       3,000

 

 購入したマイホーム3,000万円は、左側に記載されます。また、その資金の調達方法が右側に記載されます。借入金2,500万円と自己資金500万円です。さらに、左右の合計額が、3,000万円とバランスよく一致していることに気づくと思います。

つぎに会計用語を使った貸借対照表で表してみましょう。貸借対照表では、つぎのような表現になります。

マイホーム=「資産」 借入金=「負債」 自己資金=「純資産」

                   貸借対照表                          (単位:万円)     

資産    3,000 負債     2,500
  純資産      500
計        3,000 計       3,000

 

貸借対照表は「資産」「負債」「純資産」の3つの大きな柱で成り立っています。3つの柱はつぎのように配置され、左右それぞれの合計額がバランスよく一致します。貸借対照表が、英語で、バランスシート(Balance Sheet){略してB/S}とよばれる理由です。

貸借対照表のつくり

資産 負債
純資産

 

 左右の金額は一致する。計算式であらわせば、資産=負債+純資産 となります。これを貸借対照表等式といいます。

 

 資産とは何か