人件費とは何か

人件費とは何か

 

そもそも人件費とは何でしょうか。

人件費というと、すぐに毎月のお給料や賞与を思い浮かべる人は多いでしょう。もちろんこれらは人件費です。しかし、会社にとって、人件費は社員に支払うお給料ばかりでありません。会社が負担する社会保険料や雇用保険料などの「法定福利費」。さらに忘年会費用などの「厚生費」を加えた総額になります。すなわち、社員が、より快適な環境で働くためのさまざまな支出の総額が、「人件費」というわけです。

 

 

人件費=給与・賞与・法定福利費・厚生費など

 

 

会社の人件費の実態をつかむ

 

それでは、この人件費が、会社ではどのように支払われているのか、つまり、会社の人件費の実態をつかむ方法を見ていきましょう。

もっとも簡単な方法は、会社の営業所や部門ごとに人件費を配分してみることです。

具体的な事例で考えていきましょう。

 

[事例1]

A社には、大きく3つの営業所があります。

各営業所の売上高と人件費は、[表1]のとおりです。

 

[表1]                               [単位:千円]

 
項目/金額・地区 総額 東北 関東 九州
売上高 1,500,000 300,000 900,000 300,000
人件費 100,000 10,000 70,000 20,000

 

何も難しい会計知識など不要です。

各営業所の売上高と人件費を表に整理するだけです。

この作業だけで、どの営業所にどれだけの人件費は支払われているのか、が明快になります。さらに売上高と人件費を比較してみると、だんだん会社の人件費が、適正か、どうかがうっすらと見えてきます。

本来、人件費は、売上高に比例して配分されるものです。

売上げが大きいのに人件費が小さいのでは、社員がやる気を失います。

また、売上げが、小さいのに人件費が大きければ、人件費の配分が非効率である、といえます。

 

[表1]をもう少しくわしく分析してみましょう。

分析といってもパーセントに置き換えるだけです。

[表1]をパーセントに置き換えれば、つぎのとおりです。これを[表2]とします。

 

 

 

[表2]                                   [単位:%]

項目/金額・地区 総額 東北 関東 九州
売上高 100 20 60 20
人件費 100 10 70 20

 

[表2] で売上高と人件費を対比しながらみていきましょう。

そうすると、東北営業所は、売上高が全体の20%をしめるのに人件費の配分は、10%に

過ぎないことがわかります。これとは、反対に関東営業所は、売上高が全体の60%なのに

人件費は、全体の70%を占めています。この点は、検証が必要かも知れません。

このように難しい会計知識など使わなくても、単純に人件費と売上高と比較することで、意外な人件費の盲点が発見できます。

 

労働分配率とは何か