締日と支払日の違いについて

締日と支払日の違いとは何か

 

会社間の取引では、代金を取引と同時に、すぐにその場で支払うケースはあまりまりません。一般的には、あらかじめ締(しめ)日(び)と支払日を決めて、小切手や約束手形を使った支払いが行われます。私たちの日常生活の買い物支払いとは、基本的に異なります。

 

毎月、会社は、取引があった多くの会社に代金を支払いを行います。

商品を仕入れた代金の支払い、あるいは、社内で使用する名刺や消しゴムなどの消耗品費まで、実に多くの支払いがあります。

ところで、会社は、取引先から請求書が来るたびに、いちいちその都度、支払ったりはしません。請求書が来る度に支払い作業を行ったのでは、非効率的だからです。

毎月決められた日に支払うべき請求書をまとめ、決められた日にまとめて支払います。

 

会社の場合、規模にもよりますが、ふつう、毎月、請求書の数は、100、200枚以上、あります。ましてや、大会社となれば、何千枚という数になるでしょう。

このため、その取りまとめ作業を考慮した時間的余裕を確保する必要があるのです。

たとえば、ある会社の支払条件が「毎月20日締め、翌月末支払い」だとします。

この支払条件の意味は、

「毎月20日までに請求書を締め切って、翌月末に支払います」

という意味です。

したがって、請求する側の立場になれば、3月20日迄に請求した代金は、4月末に支払われるということになります。

会社間の取引において、支払条件である締日、そして支払日の確認は、基本中の基本です。

実務では、「締日・支払日」は重要な確認事項ですが、ビジネス書では、それほど積極的に説明されていないのは、不思議な気がします。

 

小切手と約束手形について